アナログ・デジタル技術を応用した計測器の専門メーカ



TOP 製品情報 技術情報 サポート 会社案内 採用情報 お問合せ

     TOP技術情報レーザドップラ速度計 > 速度計の特徴


速 度 計 の 特 徴

  レーザーを利用した、非接触速度測定や変位測定は、下記のような多くの特徴を持ちます。
○ 非接触なので被測定物への物理的影響がない 
  これは光学的手法の利点です。今までロータリーエンコーダのような接触式の手法では測定できなかった
  「薄いフィルムや紙の速度の測定」
  「高温になっている熱間圧延の金属板の速度の測定」
  「センサを取り付けられない小型なメカニズムの速度などの測定」
  が可能となりました。 
○ 素材を選ばないので測定対象物が広範囲
  鉄・非鉄金属・各種の樹脂・木・紙・布・ガラス・セラミックなど、散乱光を反射するものであれば何でも測定できます。
  また、表面が印刷されたものや、様々な色で塗られたものも測定可能です。 
○ 操作が簡単 
  散乱光の中から速度情報を取り出すため、厳密なアライメント調整が必要ありません。
  被測定物がセンサの被写界深度の中にありさえすれば、測定可能です。 
〒211-0051 神奈川県川崎市中原区宮内4-7-16 TEL 044-589-8180 FAX 044-589-8181 アクセス 
Copyright cアクト電子株式会社 All Rights Reserved. 2016.4.1 改訂