アナログ・デジタル技術を応用した計測器の専門メーカ



TOP 製品情報 技術情報 サポート 会社案内 採用情報 お問合せ

     TOP技術情報レーザドップラ速度計 > ドップラ効果とは


ド ッ プ ラ 効 果 と は ?


 ドップラー効果(Doppler effect)とは,波(音や光や電波) の発生源と観測者の間に相対的な速度差が生じているときに、 観測者が測定する波の波長(振動数)が発生源での それと比べて異なる現象をいいます。

 たとえば、右図のように波の発生源が動いているとき、 進行方向前方では一定時間内に届く波の数は多く(振動数は高く)なり、 逆に進行方向後方下流では波の数は少なく(振動数は低く)なります。

ドップラー効果の名前は、
この現象を1842年に最初に研究したオーストリアの物理学者
Doppler, Johan Christian (1803-1853)に由来します。
右の図を使って、もう少し詳しく説明します。

救急車がサイレンを鳴らしながら近づいてきた様子を模式的に考えてみます。音源がある速度で移動していて観測者は停止している場合、観測者が聴くサイレンの音は、音源の速度に影響されます。

 その進行方向に立つAさんは、音源より短い波長、つまり高い周波数の音で聴こえ、そして後方に立つBさんは、音源より長い波長、つまり低い周波数の音で聴きます。これは、音波がドップラ効果により、周波数シフト(偏移)を受けたからです。ではCさんDさんの場合はどうでしょうか。この場合もシフトされる周波数は多少ちがいますが、AさんとBさんの場合と同じにそれぞれ異なる周波数のサイレンを聴くことになります。私たちが日常生活で経験しているドップラ効果は、むしろこちらの方です。これから説明する弊社のレーザドップラ速度計は、CさんDさんのように、速度を横向きの方向から捕らえるという方法を取っています。これは、正反射光から速度を検出する振動計と大きく異なるところで、散乱光の中に含まれるシフト量を横方向から差動で検出するという特徴を持ったセンサです。
〒211-0051 神奈川県川崎市中原区宮内4-7-16 TEL 044-589-8180 FAX 044-589-8181 アクセス 
Copyright cアクト電子株式会社 All Rights Reserved. 2016.4.1 改訂